信用取引には審査があるのか

株式の信用取引を開始するには、証券会社の審査に合格しなくてはいけません。ほとんどすべての証券会社で、信用取引を行うにあたって審査があります。ただし、その基準はそれぞれの証券会社によって違っていますので、比較的合格しやすいところとそうでないところがあります。一般的に、ネットをメインにしている証券会社は審査基準が甘く、合格しやすいとされています。実店舗を持つ大手の証券会社なら、かなり厳格な審査が行われると考えておいていいでしょう。無職であるとか、株式の取引経験が一年未満であるとか、資産の合計額などでは弾かれてしまうこともあるのです。申し込みをする前には、その証券会社がどの程度のハードルを設けているのか少し調べてみて、大丈夫そうであれば申し込むようにしましょう。でなければ無駄な労力を費やしてしまうことにもなりかねないからです。
信用取引は、預入資産の額の三倍までの取引ができ、また手数料が無料になるなどのメリットがあります。通常の取引をするよりもメリットが大きいですから、頻繁に株取引をするのであればほとんど必須のものです。とくに手数料が無料になるのはデイトレードをする場合には有効であって、多くのデイトレーダーがこのシステムを利用して利益を確保しています。空売りをするときにも必要なことですが、気をつけておかなくてはならないこともたくさんあるので上級者向けだと言えます。とくに空売りは気をつけなくては規制に引っかかってしまうこともあります。